contents

Cチャンネルを曲げ加工にてお造りします。ご要望の素材(ステンレスを含む金属鋼板)にて、ご希望の寸法・形状のC形鋼(孔開け・切込み可能)を製作いたします。

 

定型C形鋼及びオリジナル寸法のC鋼の製作


【材料】
メッキ鋼鈑、ZAM、スーパーダイマ、鉄(黒皮・酸洗)、ステンレス、アルミ
 
【加工】
穴あけ加工、端部特殊加工、溶接加工、塗装処理、寸法切断加工
 
【L寸】
~12,000
 

※C部分の寸法は、9mm以上が必要です(9mm以下は加工不可)

【断面寸法】
(A×B×C)
60X30X10
75X45X15
100X50X20
120X60X20
125X50X20
150X50X20
150X65X20
150X75X20
200X75X20
200X75X25
250X75X25

※板厚や寸法によってはベンディング時にリップ鋼の開口部にベンディングマシーンのヤゲン(刃、パンチ)が入らない場合があります。図面またはラフスケッチ等をお送りください。メールまたはお電話にてご相談いただければと思います。

  

【板厚】
材料により厚さは異なります。(ステンレスに2.3はありません。メッキ鋼鈑に2.0はありません)
t=0.8
t=1.0
t=1.2
t=1.6
t=2.0
t=2.3
t=2.5
t=3.0
t=3.2
t=4.0
t=4.5

 

特殊なリップ形鋼の加工も承ります。端部レーザー加工及び孔あけレーザー加工いたします。尚、竜洋はベンディングによる加工を行っています。ロールフォーミング成形加工は行っておりません。

 

【C形鋼の作り方】

C形鋼(リップ形鋼、コの字)は鋼板を曲げて作ります。作る製品の板厚と長さにより、加工に適したベンダーマシン(曲げ機)を選択して曲げ加工を行っています。

数十mmから1,000mmまでの短いC形鋼は長さの短いベンダーマシンを使い、2000mmから4000mmまでの比較的長いC形鋼は4Mベンダーを使います。

4000mmを超えて6000mmのC形鋼の場合は6Mベンダーにより曲げ加工を行います。

弊社では「薄い板」、「厚い板」という呼び方やイメージがあります。作る物や日頃扱う材料によって人それぞれ、企業それぞれの捉え方があると思いますが、C形鋼を製作する際にベンディンマシンや曲げ刃(ヤゲン、パンチ)の選択がありますので、鋼板の厚さはとても重要な事項です。

薄い鋼板と厚い鋼板の捉え方を記載しておきます。

■ 薄板C形鋼/~1.2、1.6、2.3、3.2
■ 厚板C形鋼/4.5、6.0、9.0

製品の長さによって曲げ機を選択すると前述しましたが、何を短い製品、何を長い製品と呼んでいるかを大体ですが記載しておきます。

短尺~通常長さ/L=4,000まで
長尺レベル1/L=4,000~6,000
長尺レベル2/L=6,000~9,000
長尺レベル3/L=9,000~12,000

6000mmを超えるC形鋼は12Mベンダーを使用します。12,000mmまでのC形鋼の製作ができます。(下写真)