contents

※上記写真の製品はお客様(設計者様)からのご依頼で製作した製品です。弊社の自社製品ではありません。物件によりさまざまな仕様です。本品の製作をご依頼される際は基本計画図、割付図などの設計図をご用意願います。

折板屋根の上を安全に歩行するための設備【キャットウォーク】

工場や倉庫などの産業用施設の屋根や構内の高所に設置される通路のことをキャットウォークと呼びます。大規模な橋や鉄道施設などにも設置されています。

屋根上の太陽光発電の電気設備や太陽光モジュールの点検やメンテナンス時は転倒の恐れがあります。点検者や作業者が屋根の上で安全に歩行し、作業を行うために製作したのがはじまりです。

 

■キャットウォーク概要

掲載写真は3.2tのソロバン目エキスパンドメタルを必要巾にカットし、L6-50又はL6-65のLアングルに溶接した後にドブメッキを施した製品です。

屋根上にはさまざまな配管や線材モールが這っていますので、これを避けるための工夫もされています。

パワコンやキュービクルが置かれたステージへの昇降階段も製作することができます。屋外のため雨水が製作物に溜まらないようにエキスパンドメタルで製作していますが、屋内使用の場合には縞板鋼鈑で製作する場合もあります。

常設の場合、例えば太陽光発電設備の見学ができるように手摺やワイヤーなど転落・転倒防止のための安全設備を追加設置することもできます。キャットウォーク(製作物)は専用屋根金具を製作して留め付けます。作業用仮設の場合は単管とLアングルの組み合わせで安全を確保する事もあります。

■屋根歩廊設置金属板金屋根材

・ハゼ折板屋根(丸ハゼ、角ハゼ)
・88ルーフ(ルーフデッキ、150ルーフ)
・BL500
・ヨドワンタッチルーフ
・Pリブルーフ
・F200Ⅱ

その他、産業用倉庫・工場の屋根。(一般住宅は除きます)

 

屋根上歩廊の設計について

屋根上歩廊は弊社オリジナル金具「折板ホルダー」という掴み金具を使用します。掴み金具には縦ボルトが付いていて、この縦ボルトに下地レールを設置します。下地レールに加工したエキスパンドメタルや加工した縞板鋼板を取り付けて歩廊を作っていきます。

歩廊の横幅は約500mm、1000mm、1500mmなど、500ハゼ折板の山々間の巾ピッチに合わせた寸法となります。歩廊の長さは最長約1,500mmを1単位として自由な長さを作ることができます。1500mmを1単位とする理由としましては、折板ホルダー屋根掴み金具間の長さに起因します。強さ、剛性です。

歩廊は通常人が歩くための設備ですが、重量物も載せておく仕様であったり、屋根上の何らかのメンテナンスのための仕様であったりします。工事業者ではなく、一般の方々の見学のために手摺を付けたり安全設備を設置したりもします。

歩廊のたわみや剛性を考慮しますと、長手方向500mm、900mmピッチで屋根金具を取り付ける場合もあるでしょうし、1500mmピッチで飛ばしても十分に耐え得る場合もあります。

設計者様の意図を記載した図面をお送りくだされば御見積いたします。ラフスケッチでも構いませんのでご使用用途を併せてご連絡いただければと思います。

尚、設計図(納まり詳細図、製品詳細図、施工図)のみご要望のお問い合わせはお応えできかねます。受注後の図面提供となります。ご理解ください。

 

竜洋の屋根歩廊(キャットウォーク)は建設・建築業における墜落・転落・転倒災害防止に寄与します。

厚生労働省が平成30年5月に「平成29年の労働災害発生状況」を公表しました。これによると、死亡災害、死傷災害ともに前年を上回り、死亡者数978人、死傷者120,460人となり、増加傾向にあるとのことです。

建設建築、製造、林業、陸上貨物運送、小売業等の業態別に分類された資料を見てみますと、建設業の死亡・死傷者数が33%の323人を占めています。

「平成29年労働災害発生状況の分析等」の厚生労働省の資料を見ますと、災害内容の中で墜落・転落・転倒がダントツに多い258人で、全体の26%を占めています。死亡災害については、高所からの「墜落・転落」死亡事故災害が増加傾向であることが記載されています。

死傷災害についても、高所からの「墜落・転落」死傷事故災害が15,129人で、死亡災害同様に増加傾向であることが記載されています。

屋根歩廊(キャットウォーク)は、作業エリアの見直しを考える場合、最適な設備であると思います。特に墜落、転落が最多の業種の建設・建築業において、災害防止のための現実的且つ具体的な取り組みが「屋根歩廊(キャットウォーク)だと考えます。

  • 折板屋根の歩きにくい場所を保全する。
  • 陸屋根(屋上)の配管や設備エリアを安全に歩行する。
  • 高所からの墜落・転落防止に歩廊と手摺などの安全設備の設置。
  • 工事時には仮設として、メンテナンス時や業務には常設として設置。

以上、厚生労働省からの資料を掲載しました。参考になさってください。

 

本稿後述

「安全設備の予算取りが困難であるから設置できない」との声を頻繁に聞きます。
製造業、建設業、運輸業など業種に関わらず、「安全第一」を標榜していながら「安全」がなおざりにされている現状は、非常に問題であると感じます。
人命を考慮しない運営、人命を考慮していない姿勢が厚生労働省がまとめた資料の数字に反映されているのではと思います。