contents

取り付け簡単。強固なハゼ掴み金具【折板ホルダー】

折板ホルダーは500ハゼ折板屋根の丸ハゼ部、角ハゼ部を掴んで設置する屋根金具です。太陽光モジュールを設置するために開発した製品です。M10ボルト(17ソケット)をラチェットやインパクトレンチで締めることにより、ハゼ掴み部が閉じる仕組みになっており、上からナット締めできる仕様で施工に便利な構造にしています。

 

掴み部は溶融亜鉛メッキ仕上げ。太陽光モジュールを載せるプレート部は焼き付け塗装仕上げです。ボルトはM10。ボルト長はL=45,L=55,L=60から選択することができます。M10スプリングワッシャー、M10ナットが付属しています。

ボルトは溶融亜鉛メッキ仕様のM10。ボルト長はL=45,L=55,L=60から選択することができます。溶融亜鉛メッキ仕様のM10スプリングワッシャー、溶融亜鉛メッキ仕様のM10ナットが付属しています。中間押え金具や端部押え金具は付属していません。

折板ホルダーのプレート部に太陽光モジュールを直接載せて取り付けることができます。

 

引抜強度を記します。強度計算書等を作成する際の参考にしてください。

「折板ホルダー」は太陽光モジュールを設置する際に使用するだけでなく、強度計算上問題が無い場合は、何らかの構造物を取り付ける屋根金具としても利用できます。折板ホルダーをハゼ折板屋根に取り付け、角パイプやプレートなどの下地材を設置したり、屋根上の構造物を補強するために利用できます。

※折板ホルダーは竜洋の特許製品です。